黒ずみを防ぐために、生活習慣からの見直しを考えよう

黒ずみの原因はいたるところに存在します。

例えば摩擦、デリケートゾーンは下着などで布と皮膚が擦れあうことで黒ずみの原因になります。

生活習慣もまた、黒ずみに大きな影響を与えるのです。

生活習慣と一言にいっても、睡眠、ストレス、食生活、喫煙など日常の事柄を幅広くとらえているのでなかなか難しい部分があります。

しかし、それは黒ずみだけでなく体全体のことを指しているので難しく考える必要はないのです。

例えば睡眠、睡眠中は皮膚が新しく生まれ、古い皮膚は体の外に排出されます。

それが何を意味するか、肌の中に溜まったメラニン色素。黒ずみはこのメラニン色素が溜まって黒く見えているのです。

となれば、新しい皮膚が作られ古い皮膚が捨てられる。寝ることによって起きる一連の流れが行われなければ黒ずみは溜まっていく一方なのです。

食生活も同じです、皮膚を作り上げる元となるのは食べ物です。

正しい栄養と正しい食生活で効率よく栄養を吸収することが肝心なんですね。

食べることに無頓着なのは美肌作りを自分で放棄しているともいえますよね。

現代社会に生きる私たちが避けて通れないのがストレス。

日常のストレスは黒ずみだけでなく老化を進めてしまう事になります。

喫煙も体から見ればストレスの塊です。

ストレスを受けることで体内に発生する活性酸素。活性酸素が体内に留まり続ける事で未来のダメージの蓄積を抱えていくことになります。

ストレスを受けないような日々を過ごしたいものですがなかなかそうもいかないのが私たち。

溜め込んだストレスは運動やアロマオイルなど香りからストレスを解消するよう勤めるのもまた黒ずみ対策といえるでしょう。

黒ずみを作らないと同時に、黒ずみを体の外に排出する。

これが黒ずみケアの基礎のきといっても過言ではないでしょう。

また、黒ずみケアのコスメなどで効果が無い、効き目を感じられないというのは原因をほったらかしにして解決だけ求めているからとも言えます。

黒ずみの原因が作られる量より排出する方が多ければ改善されていきます。

逆に黒ずみの原因を作る量に比べ、排出する量が少なければ黒ずみの原因はどんどんたまっていく一方です。

いくらケアしても黒ずみの原因が溜まるスピードが大きければ綺麗になるはずのものも綺麗にならないのは当たり前の結果とも言えます。

自分の生活習慣を見直して、自分の体をしっかり守り、その結果が黒ずみも無くなるということは忘れない様にしたいものですね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする