ワキの黒ずみの原因を知って得する解決方法

思ったより人に見られる機会が多いのがワキ。

薄手の服に、電車で移動とか吊革を持つだけでもちょっとした気を使っちゃいますよね。

温泉やプールを始めさまざまな場面があります。

ムダ毛は綺麗にしているつもりだけど、でもワキの黒ずみがすっごい気になる。

見られているとは思わないけど、それでも嫌なものです。

まず、ワキの黒ずみの原因を知ろう

ワキに限らず黒ずみが発生する場所というのは皮膚が非常に薄いんですね。

肌が薄い場所なので、肌の内部というのは透けて見えやすいんですね。

まず、黒ずみというのは肌の内部に溜まった不純物が見えている状態なんです。

では、その不純物とはなんでしょうか。

それは、メラニン色素。

このメラニン色素が透けて見えるんです。メラニン色素は肌を守った結果排出されます。

では、肌を守るというのはなんでしょうか?

摩擦や刺激といった肌へのダメージ与える仕草や行動は私たちは常に受けています。

このダメージから守ってくれるのがメラニンの働きです。

よくメラニン色素は悪いものとして扱われますが、黒ずみに関してはその通りですが肌や体の事を考えればとてもいい役割をしてくれるのです。

さて、肝心のワキの黒ずみですが、ダメージを受ける最も多い原因。

それは、ムダ毛のセルフ脱毛

ムダ毛の処理というのは女性であればほとんどの人が行っていると思います。

カミソリやシェーバーを使って処理したときに肌へのダメージを受けてしまうんですね。

毎日の生活の中でゆっくりと確実に黒ずみの原因を積み重ねていくことになります。

しかし、できた黒ずみの原因というのは一定間隔で体の外に排出されます。

それは肌のターンオーバーといって皮膚を新しく張り替える仕組みが備わっているからなんです。

それでも、なぜ黒ずみになるのかというと、一つはこのターンオーバーは年齢を重ねてくるごとにその周期がどんどん遅くなっていくんです。

もう一つ、これも年齢を重ねていくことで体内に備わっている水分がどんどん減っていくことにあります。

水分というのは肌の角質層を支えてくれて、ダメージを減らしてくれる役割を持っています。

年齢を重ねるということは肌へのダメージを受けやすくなることとも言えます。

そして、ダメージを受けやすくなった肌に作られる黒ずみの原因。これを排出するターンオーバーの力も遅くなります。

要するに、10代などは黒ずみができても気が付かないうちに排出されていて、20代、30代、40代と年齢を重ねるとどんどんターンオーバーが遅くなり排出黒ずみの原因よりも黒ずみが溜まっていく速度の方が勝ってしまうんですね。

ワキの黒ずみの治し方

黒ずみを治す方法というのは、肌からメラニン色素を排出する、そして黒ずみの原因となるメラニン色素を作らないということで解決に導けるんですね。

だから、それを解決する為に美白ケアの化粧品や、ワキの黒ずみケアのコスメが販売されているんですね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする