肌の黒ずみをコスメで治す。その方法は?

肌の黒ずみを無くしてしまいたい。そんな思いをいただいている人は少なくないです。

私たちの肌にできてしまうシミや黒ずみはどうやってできるのでしょうか?

そして、できた黒ずみはどうやってケアすればよいのでしょうか?

黒ずみの原因、それは肌への刺激

黒ずみの原因は、私たちが感じない微量の刺激の積み重ねで発生するんです。

肌が刺激を受けると、肌を守る為にメラニンという細胞が活発になり黒ずみの原因となるメラニン色素を排出し始めます。

このメラニン色素は肌の奥の角質に溜まり続けるんです。

最初は微量のメラニン色素もじわじわ溜まり気が付いた時には肌が黒ずんでいるといった状況になっちゃうんです。

肌への刺激ってどうやって起きるの?

肌への刺激といっても、体の部位などでも変わってきます。

脇の黒ずみの原因

脇の黒ずみの原因の多くは、セルフ脱毛。ムダ毛の処理ですね。

自分で脇の毛の処理をしている人は少なくないと思います。

この時に使う、カミソリなどが肌への刺激を生み出すんですね。

乳首の黒ずみの原因

乳首の黒ずみの原因は、主にホルモンバランスの変化が大きいです。

分かりやすいのが妊娠をした時ですね。

乳輪が大きくなり乳首は茶色~黒色に変化してきます。

これは、赤ちゃんが探しやすいように変化していっているといった説もあるくらい普通の事なんです。

女性のあそこの黒ずみの原因は

女性のあそこも脇と同様ムダ毛の処理で肌へのダメージが黒ずみの原因になります。

そして、もう一つ重要なのが下着やナプキン、そしてフィットするパンツなど肌を圧迫してしてまい、摩擦から刺激を生み出しやすい場所でもあります。

肌の黒ずみって消えないの?

できてしまった黒ずみは実は少しずつ肌より排出されています。

肌のターンオーバーといわれる古い皮膚や角質層の張替で綺麗になっているのです。

しかし、これは正常に肌の働きが動いている場合。

生活習慣の乱れ、睡眠不足などが原因でうまく働いていない場合があるので注意が必要です。

そして、メラニン色素を排出する速度よりメラニン色素が生成される速度の方が早ければ、黒ずみは悪化しているように見えるんです。

黒ずみを消したいけど、どうすればいいの?

黒ずみのケア。黒ずみを治したい、綺麗にしたい。

誰しも見た目が悪いのは嫌なものです。

結局のところ黒ずみケアのアイテムを利用して、黒ずみが気になる個所をケアしていくのがもっとも効果的なんですね。

黒ずみを消してしまうといった直接的な効果があるものではありません。

黒ずみケアは、肌のターンオーバーを整え(黒ずみの原因のメラニン色素の排出)、肌の刺激を抑え、そしてメラニン色素の生成を抑え込むなんですね。

他にはファンデーションなどで「黒ずみを隠す」といった事は出来ますがファンデーションを塗った場所しっかりケアしなければ、ファンデーションがダメージの原因になってしまう可能性もある事は覚えておいてください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする